お尻の筋トレで全身がシェイプアップ

お尻の筋トレは重力からお尻が引っ張られる
のに対抗する抗重力筋を鍛えるのに最適です。

筋トレで鍛えられるのは、大臀筋、中臀筋
大腿二頭筋を中心としたお尻や太ももの筋肉です。

筋トレで大事なことは、このように外から
見える筋肉を鍛える事です。

外から見える筋肉なら、見たり触ったりして効果が
実感できます。そして、効果が形に現れます。

当然、やる気も出てきますし、自身もついてくるでしょう。
お尻の筋トレでは、こういうモチベーションや
動機付けも重要です。

ところで、お尻のエクサイズというと
何も知らない人は「ああ、ヒップの部分痩せね」
「小尻になる方法でしょ」と思うかもしれません。

確かにお尻の筋トレをするとお尻がカッコよく
締まり、部分痩せの効果は絶大です。

中臀筋が鍛えられればお尻全体がヒップアップして
大臀筋に力がつけば、キレイな丸いラインが作られます。

そして、大腿二頭筋が鍛えられれば、お尻のたるみが
とれ、お尻がスッキリ持ち上がります。

しかし、筋トレの効果はそれだけではありません。
お尻が鍛えられる事で、全身のプロポーションも
改善され、良くなってきます。

また、土台が出来上がると、姿勢が良くなってきます。
背筋がピンと伸びてバストアップし、お腹もへこんで
きます。姿勢がよくなるだけでプロポーションは
一変するのです。

今、女性の間では全身痩せよりも部分痩せが人気のようです。
しかし、キレイになりたいという女性の願望はつきないもの。
お腹も引っ込めたいし、背中のたるみも、二の腕のタプタプ
も気になるし、足も細くしたいという具合に気になるところは
次々に出てくるはずです。

そうなると、あれやこれやと何種類も部分痩せの筋トレ
をしなくてはなりません。

それはとても大変で、第一、長続きなんてしません。
筋トレは継続して初めて結果の出るものですから…

もし、ひとつだけでも全身のボディラインが美しくできる
としたら、どうでしょうか。

そんな都合の良いものなんてない…
と思うかもしれませんが、
それがお尻の筋トレなのです。

 

 

美尻を作る3種類の筋肉│魅力的なカーブを描く秘密

欧米人の盛り上がったお尻に比べて
日本人のお尻は通常平坦です。

盛り上がりのない、なだらかなお尻は着物によく
似合いますが、垂れてしまいやすいお尻でもあります。

なぜかと言えば、そういう平坦なお尻は、お尻を引き上げ
ている、中臀筋があまり発達しておらず、その下にある
大臀筋がたれやすいからです。

お尻は主にこの中臀筋と大臀筋、さらにはお尻を下から
支えている太ももの大腿二頭筋で形作られています。

中臀筋はお尻を引き上げている筋肉です。両手を腰骨の
やや背中寄りに当ててみてください。ここにある筋肉が
中臀筋です。背骨を挟んで左右に二つあります。

その下に、中臀筋とクロスする様に斜めに走っている
筋肉が大臀筋です。お尻全体を覆う大きな筋肉で
これがお尻のふくらみを作っています。

その大臀筋を下から支えているのが大腿二頭筋です。
大腿二頭筋は太ももの後ろ側にある太い筋肉で、太
ももの前側にある大腿四頭筋と共に太ももを動かす
役目を持ちます。

お尻が美しいカーブを描きながらキュッと持ち上がって
いるのは、中臀筋、大臀筋、大腿二頭筋の3種類の
筋肉が充分に鍛えられ、地球の重力に対抗してお尻を
支えているからです。

逆に、この3種類の筋肉が衰えると、お尻の形は徐々
にくずれていくのです。

お尻の筋力を鍛えるのに特別な事をする必要はありません。
前回も申し上げた様に、筋力の衰えの原因となっている
毎日の生活習慣を見直して、改善するだけでも
効果は出てきます。