理想的なお尻の形はハート型

ところで、みなさんが憧れる理想のお尻の形とは
どういうものでしょうか?

条件としてキュッと持ち上がっていて、適度な
丸みと弾力がありながら、小さく引き締まった
お尻…女性であればそんなお尻を思い描くのでは
ないでしょうか。

統計的に見ると、女性のお尻が一番キレイな時期は
思春期前後と言われます。

思秋期は女性として成熟しつつある時期で、女性
ホルモンがたくさん分泌され、筋肉にも充分な
ハリと弾力があります。

お尻を形作っている3種類の筋肉も重力に対抗して
しっかりと三点からお尻を支えています。

ハートの左右の山を作る大臀筋を中臀筋が持ち上げ
それを大腿二頭筋が下から支えて、ふくらみのある
キレイなハート型を作るのです。

このハート型のお尻が、一般的に理想のお尻の形で
あると言われてます。

ハート型のお尻は、おしりの下にシワもたるみも
ありません。ショーツやガードルを履いても肉の
塊がポッコリと飛び出す事がなく、きれいに下着の
中に収まってくれます。

これは大臀筋にハリと弾力があり、中臀筋と大腿
二頭筋が大臀筋をしっかり支えているからです。

この理想のハート型のおしりを持つ代表的な存在
は現在でもグラビアアイドルの中でも「美尻」と
して有名な熊田曜子さんや吉木りささんです。

彼女たちは身長もそれほど高くはありませんが
お尻がキュッと持ち上がているので足がより長く
見え、全身のプロポーションが実にキレイです。

特にそのヒップラインには男性はもちろん、
女性からも羨望のまなざしが注がれているのは
間違いありません。

もちろん人によってヒップの形は違います。
その個性の中で、あなた自身の理想のハート型を
目指して行けば良いのです。

 

 

お尻の悩み「お尻ブス」が若い女性に増加中!

お尻の悩みとは、具体的にどういうものなのでしょうか?

お尻が大きい、垂れている、たるんでいる、色が黒い
弾力がない、形が悪い、のっぺりとしている

30歳を過ぎたあたりから女性は大抵こんな悩みの
ひとつやふたつは持っているでしょう。

わたしたちは重力の下で生活しているので、加齢とともに
いたるところがたるんでいきます。

まして大きなお肉の塊を二つ抱えたようなお尻であれば
重力に抵抗できずに落ちてくるのは自然の事です。お尻の
形が崩れた「お尻ブス」も。加齢とともに増加していきます。

ところが、最近では、若い女性のあいだにも、このお尻ブス
が増えているのです。

ハリのある魅力的なヒップは若さのシンボルともいえる
ものですが、近ごろの若い女性にそいういうお尻をあまり
見かけなくなりました。

これは一般の方だけでなく、モデルさんや女優さんなども
にも見受けられ、正直、驚いています。

垂れ下がって扁平なお尻、横に広がってふくらみのないお尻
大きくてブヨブヨしているお尻…

後ろから見ると、50代かと見間違えるようなお尻も少なく
ありません。前回紹介した女性誌のアンケートでも
お尻にまつわる悩みは多く「大きい」「垂れている」という
悩みがそれぞれ20%以上もありました。

それではなぜ、最近の若い女性のお尻は若さを
失ってしまったのでしょうか?

それには、お尻の老化が考えられるそうです。お尻の老化とは
つまり、お尻の筋肉が衰えて、筋力が低下している状態の事。

若いのに老化?と不思議に思う方もいるでしょうけども
例えば和式トイレで用を足したあと、立つことができない
若い女性が増えている事がわかりやすいと思います。

しゃがんだ状態から立ち上がるには、ふくらはぎや太もも
さらにお尻の筋肉が必要です。そうした下半身の筋力が
衰えてきて、下半身が重たくなり、一度しゃがむと立てなく
なってしまうのです。

また筋力が弱くなると、脳から発せられた信号が筋肉に届かず
筋肉が思うように動かない状態ががでてきます。

お尻の筋肉の老化が進むと、お尻を高い位置に維持できなくなり
次第に垂れ下がっていきます。

すべてのお尻はこの垂れ下がることから形を崩していくのです。